スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

 

こんばんわ。


今週に入って一気に雪が降り出して、アフォみたいに寒くなってきましたね。
朝から雪かきとか本当に勘弁していただきたいです、、、

天気も年明けまであまり優れないようですが、皆様いかがお過ごしですか?

シンセ日記を書いていく予定だったのですが、まとまりそうになかったので今日はモンティ・ホール問題というのを紹介します


数学sugeeeeeeeスレで発見して、なかなか面白かったです。



A・B・C、3つの箱がある。 その中からアタリのある箱を選ぶゲームで、

・あるプレイヤーがCの箱を選択する。

・その後、Aの箱が開けられて中身がハズレであることが確認される。

・アタリは残りのBとCに入ってる訳だが、このとき「残りの2つの箱から
 もう一度、アタリ箱を選び直してもいい!」と言われる。

・この場合プレイヤーはBの箱に選び直したほうがアタリの確率が高くなる。



一応こういう理論らしい。

・Cの箱を選んだ時点で、アタリがCに入ってる確率は33%。

・残りのAとBのどちらかにアタリがある確率は66%になる。

・つまりグループをABとCに分けると、確率は66%と33%に分類される。

・その後、Aが開封されてハズレであることが確認されたわけだから
 ABグループであるBの箱にアタリが入ってる確率は66%になる。





数学面白いなー。


スポンサーサイト

category: Takuya Fujii

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://filter80.blog.fc2.com/tb.php/63-b2537721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。